1. Home
    2. My First Barbour - 滝藤 賢一さん(俳優) -

    My First BARBOUR

    「セージは格式がまだまだ自分には高い色。ネイビーなら革ジャンっぽく着れるし、着ても許されるかな(笑)」
    バブアーとの出会いや、はじめて手に入れた思い出の1着についての話を伺う「My First BARBOUR 」。今回は大のネペンテスフリークとして知られ、昨年には私服コーデがテーマのスタイルブックも出した無類の服好き俳優、滝藤賢一さんに登場してもらった。

    これまでに何度も試着したことがあるものの「俺にはまだ早い」と、実はバブアーを一着も所有したことがなかった滝藤さん。出演にあたり、最初のバブアーに選んだのはネイビーのビューフォートだった。「セージはバブアーを代表する格式の高いカラー。仲代達矢さんのような名優の域に達した人でないと着てはいけないような気がして」と、セレクトした経緯を振り返る。

    そして、ビューフォートに魅力を感じたのは、絶妙な着丈とハンドウォーマーポケット。映画『タクシードライバー』でタンカースを着たロバート・デ・ニーロが鬱屈した気分を表現した名シーンに、高校生の頃から憧れていたというのは俳優ならではのエピソード。

    そんな滝藤さんが、「二着目のバブアーを選ぶなら」をテーマに挑んだ“試着フェス”では、ブラックのスペイやオリーブのノーザンブリアが候補に挙がった。どこまでもセージに抗う姿が印象的だったが、最後に着用したセージのOS ボーダーに秒殺。
    理由は「何だか軍モノのフィッシュテールパーカのように見えてきて、セージも全然あり。メンテ時のリプルーフの際、よりたくさんのオイルを塗れるのもいい」だった。
    俳優
    滝藤賢一さん

    〈Profile〉
    1976年11月2日生まれ。愛知県出身。O型。舞台を中心に活動し、映画『クライマーズ・ハイ』('08)で一躍脚光を浴びる。以降、ドラマや映画、CM等で幅広く活躍中。主演映画『ひみつのなっちゃん。』が2023年1月13日(金)〜新宿ピカデリー他、全国公開。また主演ドラマ「グレースの履歴」(NHKBSプレミアム、BS4K)が、3月19日(日)22時〜全8話放送予定。